先月10月7日・8日に鹿児島で開催された「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」が早くもテレビ放送決定。

鹿児島出身のタブゾンビ(SOIL & "PIMP" SESSIONS)らを発起人として、長らく親交のある椎名林檎やペトロールズら豪華アーティスト陣を招いて開催された記念すべき第1回目の"ヘス"。

出演予定だったマキシマムザホルモンが急遽活動停止になるといったアクシデントはあったものの、Rei、RHYMESTER、ROLLYといった界隈でもお馴染みの面々の活躍、そして連日西日本を襲い各地のイベントを中止に追い込んだ台風も過ぎ去り、晴天に恵まれて大盛況となった2日間でした。

初日の7日は長岡亮介の40歳の誕生日だったということもあり、終始バースデームード漂うペトロールズのパフォーマンス。
SOILのメンバーと長岡亮介は20代前半に同じバンドで活動していた仲で「昔から鹿児島でイベントをやりたいとタブ君が言っていて、ずっと出てくれと言われていた。いざ出てみると有名アーティストばかりでペトロールズは弱小バンドだ(笑)」と長岡談。

そして初日の大トリを飾ったSOIL & "PIMP" SESSIONS。高校の同級生でもある氣志團のメンバーらと共に長年構想を練り、実際に実現させたタブゾンビ。観客、メンバー、そして客演の椎名林檎からも「タブ君、まさかこんなことを実現してしまうとは!」と喝采を受け、本人も誇らしげでした。

明治維新150周年を期に西郷ドンパワーで盛り上がりをみせる鹿児島。はやくも来年の開催も決定しているということで、新しい名物として"ヘス"が定着すること間違いなしでしょう。

鹿児島大好き。次回は客演ではなく、フルセットでお邪魔させて頂きたい。」と椎名林檎女史の発言も聞き逃すまじ。

放送情報

■11/23 (金) 15:00〜
KKB鹿児島放送にて特別番組
ライブ映像はもちろんステージ裏でのアーティストのインタビューなど充実した2日間を90分にまとめてお伝えする予定

■11/24 (土) 17:30~23:30
MUSIC ON! TVにて6時間の独占放送!

関連