1998年に開店し、今年で20周年を迎えるタワーレコード新宿店。

『新宿ハタチ。』と銘打ち、同じく98年デビューの椎名林檎をシンボルに迎えて様々なキャンペーンを実施することを発表しました。

デビュー当時は"新宿系自作自演屋"という肩書で名を馳せた椎名林檎。
『歌舞伎町の女王』『浴室』『群青日和』といった"新宿"を舞台にした楽曲数は随一。
新宿店の祝典に最も相応しい人物であることは間違いないでしょう。

コラボアイテムなども発表されるかもしれないので、タワレコ新宿店のSNSは要チェックです。

2014年に新宿店名誉店長に就任した椎名林檎が同じ20年間を歩んできた新宿店の周年祭に華を添えます。また新宿店も椎名林檎、一番の応援店として今後の活動を応援していきます。