NHK連続ドラマ小説「半分、青い」の主題歌として起用されている星野源の新曲『アイデア』が、本日2018年8月20日(月)より配信限定でリリースされました。

ミュージックビデオもYouTubeへ同時公開。

2015年アミューズへ移籍後の作品『SUN』〜『ドラえもん』にかけてのイメージカラーをバックに、お馴染みのバンドメンバーと1番を披露。

  • ギター:長岡亮介
  • ドラム:川村"カースケ"智康
  • ベース:伊賀航
  • ピアノ:櫻田泰啓

2番〜間奏にかてはバンドサウンドから一転、トラックメーカーのSTUTSによるMPCで、EDMの世界へ。

STUTSは前作『ドラえもん』のカップリング曲『The Shower』にも参加している他、長岡亮介と共同でライブや楽曲制作も行っています。

『SUN』からダンス振り付けを手がけてきたMIKIKOに代わり、本作のダンスを手がけたのは、親友の三浦大知。(MVの2:31で本人がカメラチェックをしている様子も確認)

そしてCメロではクラシックギターによる弾き語り〜バンドサウンドへ戻る…といった音楽仲間総動員の奇想天外な一曲に。

MVは演劇のような一発撮りで、昨年の全国ツアー「Continues」からテーマとする"過去から未来へ"というメッセージを彷彿させ、自身のキャリアを全て注いだかのような、まさしくアイデア満載のカラフルな映像作品に仕上がっています。

今後のプロモーション活動も逃すまじ。

  • 08/20(月) NHK 総合「おげんさんといっしょ」
  • 08/24(金) NHK 総合「あさイチ」(トーク)
  • 08/31(金) テレビ朝日「ミュージックステーション」
  • 09/04(火) NHK 総合「うたコン」