jihen
浮雲ch.Facebookページ開設しました!

第67回紅白歌合戦。

今年は4度目の出場となる椎名林檎は、NHKホールではなく東京都庁前からの中継でパフォーマンスを披露しました。

今年はリオ五輪閉会式での引き継ぎ式を監修するメンバーの一人として活躍した彼女。

2020年の東京五輪を意識した、近未来的で素晴らしい演出を見せつけてくれました。

2014年の出場時から椎名と共に出演しているダンサー"AyaBambi"の2人は、最新の映像技術を駆使して、空から舞い降りてくるかのような演出で登場。

神秘的な踊りと共に、都庁を背に地上へ舞い降りました。

ステージでは椎名林檎と、2012年に解散したはずの東京事変のメンバーが、黒い振り袖衣装を身に纏い登場。

例年通り、ギターの長岡亮介は参加するかと予想していましたが、東京事変メンバー全員が登場するとは私も驚きました。

バンド用に再アレンジが施され、相変わらずの演奏力を生で披露してくれました。

東京事変ファンならず、日本中の音楽ファンが騒然とし、一時はTwitterのトレンドに「東京事変」がランクインするほど。

東京事変解散ライブのラストに披露された『青春の瞬き』というだけあり、感極まるものがありました。

今年は東京事変メンバー全員が、椎名の配信限定楽曲『ジユーダム』のレコーディングにも参加するなど話題を集めることが多かったです。

2012年の閏日に解散した彼ら。今年は4年に1度の閏年ということでは集まったのでしょう。次の閏年であり東京五輪開催予定の2020年はより一層たのしみです!

RADWIMPSのドラムサポートをしている刄田綴色や、星野源のギターサポート含め注目を集めている長岡亮介(浮雲)など、個々の活動にも引き続き注目。

昨年、一昨年の紅白まとめ記事も合わせてどうぞ!↓

関連Tweet